2021.04.02

薬を正しく使うとは?

用法・用量とは?

薬には、用法・用量(ようほう・ようりょう)があります。

▶︎用法:いつ、どのように使うのか?という使用方法
▶︎用量:どれくらい使うのか?という使用量

薬を正しく使うには、この用法・用量が大切です。

用法・用量はどこに書いているの?

薬局・薬店で購入できる、一般医薬品(OTC)には、
パッケージや添付文書に書かれています。

処方された薬の場合は、
薬の説明書や薬袋(やくたい:薬を入れる袋)に書かれています。

★今日の学びからの薬育体験★

家族や周りの人が、処方されたお薬を飲んでいたら、その薬袋と説明書を見てみましょう!一般医薬品を持っていたら、そのパッケージや添付文書を見てみましょう!

用法・用量はどこに書いてあるかな?
どんなことが書いてあるかな?が、見つけられたらミッション終了です。

周りの人が薬を使っていなかったら、薬局・薬店をのぞいて、
薬のパッケージを見つけてみましょう!そこに「用法・用量」が見つかるはずです!

●薬育に関する相談、お問い合わせはこちらから

特定非営利活動法人 日本薬育研究会
〒873-0001 大分県杵築市大字杵築665番地432
E-mail: yakuiku.lab@gmail.com
お問い合わせフォーム

CATEGORYすべて 今後の活動予定・イベント 薬育について 薬育体験 プレスリリース ニュース 活動報告
ホーム > 記事一覧 > 薬育について > 薬を正しく使うとは?